思春期ににきびができやすかった人は、
大人になった今でもにきびの悩みを抱えているかもしれません。

大人のにきびの原因は一体どんなものなのでしょうか?

また、予防策はあるのでしょうか?

ちょっと調べてみました。

突然できるにきびの原因は、
体調不良が原因だとされています。

また、ホルモンのバランスが崩れたときにもできやすいようです。

性周期が崩れて、にきびができやすくなると、
肌の抵抗力が弱まってしまいます。

一時的に皮脂が多量に分泌されていれば、
もっとにきびができやすい環境を作り出しています。

こうしたにきびは、四季に関係なく、ストレスが溜まったり、
体調不良の時期や整理前に出ることが多く、
体の調子が悪くなっているサインだともいえます。

肌の調子は体全体から影響を受けると考えてください。

にきびができている箇所に化粧品を使用すると状態が悪化します。

お肌が不潔になっているわけでもないので、過剰な洗顔もNGです。

できれば、にきび用の美容液や収斂化粧水を使い、
肌を引き締めるお手入れを心がけてください。

シミウスジェルのようなオールインワンジェルでもよいです。

シミウスジェルはもともとはシミをやくすみを消すためのジェルなのですが
保湿から始まり美白までの1つで10役ものケアができるのです。

シミウスジェルが1つあれば困りません。

また、にきびを指や爪でつぶしてしまうのもNGです。

場合によっては痕が残ってしまいます。

にきび予防には、ビタミンAやビタミンB2、B1、Cなど、
総合的にビタミン類を摂取することで、肌のバリア機能や
にきびの炎症を防いだり、皮脂分泌を正常化させることができます。