メイクを少しだけ工夫すれば、小顔になれます。

もちろん、実際に顔が小さくなるわけではなく、
色の錯覚を意識したメイクを心がければ、
とても簡単に小顔が実現します。

メイクではいろいろな色を使いますが、
自分の肌の色に合った色ばかりではなく、
周囲の色に影響を受けて違う色に見えたり、
細くなったり、大きくなったりもします。

実際には同じ色・同じ線の太さであったりしますが、
色の錯覚により全く違った印象をもたらすわけです。

こうした色の性質を利用して目を大きくみせたり、
引き締まった小顔に見せることも可能です。

度が低い色は、明度が高い色よりも収縮して見えます。

つまり、白と黒があれば、同じ大きさの丸であっても、
黒のほうが少し小さく見えるようになっています。

また、陰影をつけるとさらに小さく見えます。

こうした性質を利用すれば、同じ線を引いたとしても、
少し小さく見えます。

メイクでは、フェイスラインの側面に
シャドーカラーをつけることがあります。

こうすると、顔が引き締まった感じになります。

明度の違いを出し、立体感を出したシャドーカラーなら
さらに効果的に小顔を演出できます。

膨張色は、前に出ているような印象を与えます。

逆に収縮色の場合は、奥に引っ込んだような印象です。

アイシャドーに応用すると、まぶたがふっくらとしたり、
くぼんでみえたりします。

それぞれの性質をよく知って、お金をかけなくても、
効果的なメイクで小顔を実現してください。